お金がなくてランドホテルに泊まれないですって?じゃあ、東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート(旧サンルートプラザ東京)に泊まるといいわよ!

超絶にオススメ!私がサンルート東京をセレクトする3つの理由

 

注)こちらの記事はホテル名を変更せず記載しております。
サンルートという名前に愛着があるからです。現在こちらのホテルは
「東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート」と改名されております。
個人的には改名反対!そちらについての記事はこちらです笑
⇒オフィシャルホテル3軒の名前が紛らわしい問題

 

 

 

舞浜病(ディズニーファン)の皆様 ごきげんよう♪( ´θ`)ノ
TDRをこよなく愛しているために、遠方に住んでいても毎日
インパしたくなる衝動にかられ苦しんでいる事とお察しいたします。

関東近郊にお住いの年パス組ならば、
気が向いた時にチョチョっとスーパーに行く感覚でインパする事も可能でしょうが、
私(わたくし)のように、遠方に住んでいるとそうもいきませんのよ(泣)

今年はTDR35周年!!
リゾート内はお祝いモード全開で盛り上がっているようですわね!

テレビをつければ、あちらこちらでTDRネタが流れていますし
ネットも雑誌もツイッターもラインも、どこもかしこも

35周年
35周年
35周年なのだあ!!

レッツ ゴー ディズニーリゾート!!
ユー アンド ミー・:*+.\(( °ω° ))/.:+

と、私(わたくし)を洗脳してくるのです。

もう、地方に住んでいようが海外に住んでいようが
「35周年にインパしたい!!」という思いから、逃れることはできません・・・・。

というわけで、地方組のわたくしは決死の覚悟で
激混みになるであろう夏休みのインパに向けて、計画を立てることに致しました。

35周年のイベントのメインはやはり東京ディズニーランド!!
新しいパレードやリニューアルしたイッツ ア スモールワールド
限定グッツやフードなどなど、セレブレーションが目白押し!!

しかし!!

夏のインパは命がけです。なぜなら・・・。

・クソ暑いため熱中症のリスク
・連休多いため激混みのリスク
・台風や嵐(ゲリラ豪雨)のリスク
・金欠になるリスク(お祭りやお盆などイベント多し)

夏は1年365日の中で、最もハイリスクな時期(;´д`)といっても過言ではありません(泣)

じゃあ、なんでワザワザそんな時期に行くのか?

なぜなら、

35周年だから・:*+.\(( °ω° ))/.:+

はい、これは舞浜病の末期症状ですね。

で、

地方組のわたくしは、仕事や学校が連休の時期しかインパできないので
必然的に夏休みになるのです。
さらに、
距離的に日帰りが不可能なので宿泊施設の予約も必須。

もちろん、第一希望は天下の

東京ディズニーランドホテル

だって夏のランドを満喫するなら、ここしかないでしょー!!

・目の前にランドのゲートあるし(時間の節約とホテルへ緊急避難が可能)
・プールが無料で使えるし(熱中症予防が可能)
・コンビニあるし(金銭的節約が可能)
・35周年オリジナルアメニティーとハガキ(限定レアデザインのゲット)

と、まあ、泊まらない理由が見つからないのですけれども・・・・。

でも

我が家は泊まれないのです。

なぜなら、

ストックしている諭吉の数が圧倒的に足りなーい( T_T)

ランドホテル(スタンダード)はミラコスタより少し安いといえど。。。。。
それでも混雑期は諭吉が7人以上は必要ですわね。

まあ、
どこぞのセレブの方ならば
諭吉を何十人もストックしているので気軽にスイートルームに滞在して
ラウンジで優雅にチェックイン、そしてドリンクタイムも可能でしょうが・・・。

わたくしのような、地方に住んでいる一般庶民には到底無理・・・。

特に、夏は無理よ。

普段の生活費が「暑い」というだけで跳ね上がるもの(T . T)

水道代にエアコンの電気代アイスやスイカ。祭りに花火に墓参りそしてオバケ・・・。
おっ恐ろしい。夏が怖い・・・。

そんな悩める一般庶民でも、なんとか手の届くお値段設定のホテルがございます。
それが、
オフィシャルホテル
サンルートプラザ東京でございます。


こちらは、
金銭的にランドホテルには泊まれない庶民のための「救いのホテル」でございます。
お代金も、ランドホテルの約1/10(最安値の時期)とリーズナブル
諭吉が一人いれば、事足りることもしばしば( ´ ▽ ` )/
なんて素晴らしいのかしら!
最高かよ!!

では、ここでサンルート東京に宿泊しようか迷っている方のために
私の個人的なオススメポイントをご紹介しましょう。

ここが超絶に素晴らしいのよ!サンルートプラザ東京

<3つの素晴らしいポイント>

・オフィシャルHの中で格安でウエルカムセンターの利用ができる
・ホテルからディズニーランドまで徒歩可能で無料直通バスもある
・部屋のテーマが豊富で選べる

まずは、

値段が安い件とウエルカムセンターについて♪( ´θ`)ノ

サンルートプラザ東京
オフィシャルホテルの中でもリーズナブルな値段設定。
お日にちにもよりますが、シェラトンやヒルトンなどに比べると数万単位で違います。
もちろん、
ミラコスタやランドホテルに比べたら「月とスッポンレベル」の差があります。
「何よ!安いホテルなんて近くにもっとたくさんあるわよ」
と、思っている方もいらっしゃるかもしれませんわね・・・・。

確かに、TDR周辺には格安なホテルが山ほどございます。

わたくしも、よくその辺のホテルを利用していますが・・・。
やはり、オフィシャルはTDRお墨付きのホテル群だけあって
何かと楽チンで素晴らしいのです!
特に、
子連れやお年寄り、電車やバス飛行機などを利用する場合
断然オフィシャルをお勧めします!

なぜなら、
舞浜駅の隣にあるウエルカムセンターが利用できるからです♪( ´θ`)ノ
ウエルカムセンターについての詳細はこちら⇒サンルート公式HP
                                        上記写真はサンルート公式HPより転用
ウエルカムセンターに行くと
・荷物を預けると部屋まで運んでくれる
・プリチェクインができる
・パークチケットが購入できる
という「トリプルサービス」が受けられます!
これはオフィシャルならではの利便性でございます。

車の場合は、荷物を車内に置いておけますが
電車などの場合は、TDRのロッカーや宿泊先にあらかじめ行って荷物を預けなければなりません。

若くて元気な若人(わこうど)ならば、苦にならないかもしれませんが
わたくしのように小さい子供が一緒ですと、荷物の量もハンパないですし
あちこち余計な場所に立ち寄る時間と体力がありません(T . T)

一箇所で全てが完結できるウエルカムセンターは、子連れには断然必須なのです!

これがあるのとないのとでは、TDR滞在満足度が全く違います!
だって、地方組のインパは失敗が許されませんもの。
家族全員の希望をうまく組み合わせたスペシャルな計画を実行するために

時間を御金で買う必要があるのです!

周辺ホテルより割高なオフィシャルですが・・・。
この利便性は他の格安ホテルでは味わえないので仕方ないわね!

ディズニーランドまで歩いて行ける&送迎バスの件について

これはサンルートプラザ東京さんの位置が
オフィシャルの中で一番ランド側にあるから可能なことですわね。
位置的にはランドの立体駐車場の近くになります。
ホテルの左側から、立駐とランドホテルが見えます!

ランドに徒歩で行けるという小粋なホテル

それがサンルート♪( ´θ`)ノ

まあ。
徒歩はちょっと・・・・・。
という人には無料の送迎バスもがっちりあります。

ランドに無料直通バスで行けるという小粋なホテル

それがサンルート♪( ´θ`)ノ

ちなみに、ランド行き直通バス(所要時間約3分)

さらには、
舞浜行きもあるので、モノレールを使わなくてもイクスピアリへの買い出し、
JR舞浜駅までの往復が可能!

ちなみに、JR舞浜駅行きバス(所要時間約4分)

これはサンルートだけのサービスでございます!

他のオフィシャルホテルは、
ランドへの直通バスがないので、モノレール必須になってしまいます。
ちなみに、
どちらのホテルにも飛行機組に嬉しいリムジンバスがありますわよ!
(羽田と成田行き有料)

というわけで、しつこいですが

サンルートプラザ東京に宿泊すると
無料バスの利用で交通費が節約できる!!
という超絶なメリットがあるのです♪( ´θ`)ノ

あら!?そこの奥様方!
モノレール代をバカにしてはいけませんわよ!

モノレール代金(2018年現在)

1回      大人260円 子供130円
1日フリーパス 大人650円 子供330円

詳しくはこちら⇒東京ディズニーリゾート公式HP

ざっと計算すると、家族で行ったら数千円になりますわよ!
モノレール代金が浮いたら、ランチ代やお土産代に回せますわよね!

ただし、
シーに行きたい人は、モノレール(ベイサイドステーション駅所要時間約3分)を利用しないと無理なので、このメリットはあくまでもランドのみの場合ですわよ!あしからず・・・。

シーに行きたい方向けのオススメホテルについてはこちらの記事をご覧あそばせ!
⇒お金がなくてミラコスタに泊まれないですって?じゃあ・・・。

あっ、でも・・・。
モノレール駅と空港までの送迎は、どこのオフィシャルホテルにもあるサービスなんです!
どうして、それでもサンルートがいいのかというと・・・。
「いざという時、徒歩でランドや舞浜駅に行ける!!」という近さが魅力だからです!

混雑時など激混みの場合、送迎バスに乗れないという悲惨な事態も考えられます(T . T)
1分1秒を争うぐらい早くインパしたいという時は次のバスを待たずとも
歩いてしまえばいいのです\\\\٩( ‘ω’ )و ////

つまり、
いざっという時歩くという選択が可能なホテル!!
それが、
サンルートプラザ東京!

おお!!なんて素晴らしいホテル♪( ´θ`)ノ

ちなみに、ディズニーランドからサンルートまで徒歩での所要時間は15分よ。
下記の地図はサンルート公式HPより

まあ、若者なら余裕な距離よね。学校行くより近いかもしれないわ!
子連れならベビーカー必須だわね・・・。
詳しくは公式HPで確認するといいわ!地図の印刷も可能よ!

とにもかくにも、
送迎バスに乗れなくても、ランドならば歩いて行ける唯一のホテルがサンルートってことは
覚えておいて損はなっくてよ♪( ´θ`)ノ

では、最後に

お部屋のテーマが豊富で選べる件について

まあ、サンルートといえば昭和58年開業の老舗ホテル
あちこち老朽化が否めません・・・。

が、

コツコツとリフォームをしてくださるのでその度に
色々なタイプのお部屋が楽しめるホテルに進化しています。

部屋の数が山ほどあるので楽天のHPよりお写真お借りしました。

部屋数トータル696室
ものすごい数で、マンモスホテルの代表格ですわね。
まあ、これだけあるのでアタリ部屋ハズレ部屋があるわけですが・・・・。
個人的にリサーチした結果

<アタリ部屋と思われるタイプ>
・キャッスル
・フロンティア
・プレジャー2種
・コンフォート
・エレガンス

理由)
・バストイレが独立
・リフォームしているので内装綺麗
・部屋が広め(2〜6人用)
・部屋のテーマにディズニー感があるので余韻に浸れる

<体型や人数によってはハズレ部屋かも?タイプ>
・クルージング
・キャプテン

理由)
・ユニットバスタイプで狭い
・部屋が狭い(2〜3人用)
・部屋のテーマが海なのでディズニーらしさに欠ける

<ハズレ部屋と思ってしまう確率が高いタイプ>

・スタンダード

理由)
・最近リフォームされていないので古さが否めない
・ユニットバスタイプで狭い
・あちこちに雑な補修の跡の可能性がある
・ディズニーらしさが皆無

これは、
あくまでも私が実際に宿泊した経験や
様々な口コミなどを分析した結果なのであしからず・・・。

まあ、アタリ部屋になればなるほどお値段もアップするので
実際は、お値段相応と思って挑みましょう・・・。

ちなみに、わたくしのお気に入りは
キャッスルですわよ!

たまたま、ランド側のお部屋だったのでシンデレラ城が見えて
夜中にプロジェクションマッピングの練習も見れたのが最高だったわ!
私的には、大当たり♪( ´θ`)ノ
お部屋自体もプリンセスモード全開なので
女、子供はヒーヒー興奮ちゃうわよ!

参考までに私が撮りためた写真を公開するわね。

エレベーターからキャッスルモード全開

廊下もあちこちにプリンセスアイテム


ツイン部屋の4人使用にしてもキャッスル感がそこそこ味わえる

窓も大きくソファーもある

独立したお風呂が綺麗で便利

トイレの壁紙もキャッスル仕様

シンデレラ城が見える(夜中のリハが楽しめる)

全体的にリゾートが見える(右側にお城、左側に火山)

どう?
なかなかいいでしょ〜!!
まあ。
ちょっと気になるところといえば

・クローゼットがない
・部屋のスリッパが消毒リサイクルタイプ
・セルフドリンクはコーヒーがなくお茶のみ

ということですが、個人的には耐えられる範囲です。

というわけで、
わたくしはサンルートを愛用していますの!

あ、そうそう

スタンダードはちょっとお気をつけあそばせ(;´д`)
やっぱり、キャッスル泊まった跡だと落差がすごくて・・・・・。

まず、お風呂が無理

この古くて暗い、ビジネス仕様が辛い・・・。

洗面所も・・・。雲泥(うんでい)の差

これがスタンダード( T_T)

これがキャッスル♪( ´θ`)ノ

部屋の画像は衝撃的すぎて撮るの忘れてしまったの。

まあ。
狭くて古くて・・・。
エアコン効かなくて・・・。
暑くて寝苦しくて・・・。
インパの最終日に泊まったから疲れているはずなのに・・・。
寝れなくて・・・・。
ただただ、辛かった。

いくら素敵なサンルートでも
運が悪いと、そんなお部屋の可能性もあるというわけです・・・。

でも、いたしかたない。
スタンダードはリーズナブルなお部屋・・・。
金銭的に背に腹はかえられぬ場合必要枠なのよね。

とまあ、ダークな部分もありますが
サンルートはお部屋のタイプを自分で選べるので
予算とお好みで、皆さまもお泊まりあそばせ〜♪( ´θ`)ノ

追記 楽天トラベルなどに大量に口コミ乗っているので参考にするといいわよ。

⇒サンルートの口コミをのぞいて見る!